白鵬 横綱相撲が酷い!張り手や張り差し、かちあげ、ヒジ打ちなど

幕内最高優勝回数や通算勝ち星数など、数々の記録塗り替えている大相撲の横綱・白鵬(はくほう)

白鵬は、圧倒的な強さから最強の横綱とも呼ばれていますが、大横綱と呼ばれるようになってから、立会いでの “張り差し”、“かちあげ”、“ヒジ打ち(エルボー)”、そして取り組み中での強烈な “張り手” など、横綱相撲という言葉に似つかわしくないような、酷い相撲が多く見られるようになっています。

白鵬 翔(はくほう しょう) プロフィール
本名  :ムンフバティーン・ダワージャルガル
生年月日:1985年3月11日
出身地 :モンゴル人民共和国ウランバートル市
血液型 :A型型
身長  :192cm
所属部屋:宮城野部屋

■ 白鵬 公式サイト
http://www.sumo.or.jp/ResultRikishiData/

■ 白鵬 オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/hakuho-69/

スポンサーリンク

相撲 張り手や張り差し、かちあげ、ヒジ打ちは反則ではない!とはいえ・・・

モンゴル出身力士が大相撲の最高位である横綱を占めるようになって、横綱の「張り手」が余りに多くなったといわれます。

この張り手や張り差し、かちあげ、さらにヒジ打ちは相撲の技の一つですから、決してルール違反(反則)というわけではありません。

財団法人・日本相撲協会の審判規則では禁じ手について以下のような規定があります。

【禁手反則】
 第一条

  1. 握りこぶしで殴ること。
  2. 頭髪を故意につかむこと。
  3. 目やみぞおちなどの急所を突くこと。
  4. 両耳を同時に両手で張ること。
  5. 前立揮(まえたてみつ)をつかみ、また横から指を入れて引くこと。
  6. 喉をつかむこと。
  7. 胸や腹を蹴ること。
  8. 1指または2指を折り返すこと。


ただ、技の一つだから何を使ってもよい、というものでもありません。特に張り手は、張られた側からすると、嫌だし、腹立たしくなるものです。

また白鵬の場合、立ち合いに、張り差しからの “かちあげ” 気味のヒジ打ちをくらわすこともあります。その技をくらって、妙義龍や勢は失神し、土俵に崩れ落ちたこともあります。

白鵬の張り差し、かちあげ、ヒジ打ち [対 豪栄道・勢・栃煌山・妙義龍]


かつての貴闘力対小錦のように、体の小さい力士が、大きな力士を相手に何とかして勝とうと、意表を突くためや混乱させるために、張り手や張り差しをするならまだしも、大相撲最高位の横綱が繰り返して使う技とはいえません。

逆に下位の力士が最高位の横綱に対して、張り手や張り差しなどといった相手を挑発するような技を、なかなか使うことが出来ないからです。

貴闘力の張り手 [対 小錦、千代の富士]


第65代横綱・貴乃花(貴乃花光司)は、どのような相手でも、真っ向から受けて立っていました。貴乃花は立合いに変化したり、カチ上げや張り差しすると、師匠から「あんな相撲を取って、それでも横綱か」と怒鳴られたそうです。

相撲評論家の中澤潔さんは、白鵬や日本人力士についてこう語っています。

確かに最近の白鵬の相撲は醜い。しかし、それに負ける力士は、もっと情けない。昔の力士は『どうすれば横綱を倒せるか』と常に考えていましたよ。今は横綱に負けるために出てくるようなものです。一発かまして、お客さんを喜ばせてやろうという肝っ玉がない。
どうも近年は横綱の顔を張るのは失礼という意見もあるそうですが、とんでもない。そもそも、横綱自身が勝つために手段を選んでいないのだから、格下力士は何を遠慮することがあるのか。不可能を可能にする手を仕掛けないのでは、番狂わせを期待するお客さんへの裏切りですよ。
(出典:日刊ゲンダイ『「格下力士もやり返せ」 白鵬“ 無品格”相撲に専門家がゲキ』)

白鵬は「相撲が衰えてきたから、張り手や張り差し、かちあげ、ヒジ打ちといった技で衰えをカバーしているだけ」と言った声もありますが、横綱・稀勢の里をはじめ、何とか日本人力士に奮起してもらいたいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする